【巨人】今永に4発浴びせて快勝 菅野智之は7回1失点で9勝目 3位にゲーム差なし

2回無死、中田翔が同点ソロ本塁打(カメラ・相川 和寛)
2回無死、中田翔が同点ソロ本塁打(カメラ・相川 和寛)
力投する巨人先発投手の菅野智之(カメラ・関口 俊明)
力投する巨人先発投手の菅野智之(カメラ・関口 俊明)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―3DeNA(19日・東京ドーム)

 優勝の可能性が消滅したとはいえ、CS進出へ向けて負けられない戦いが続く。この日の先発は中5日でエース菅野。DeNAの先発は8月の月間MVPにも輝いた好調な左腕・今永だけに先に失点したくないマウンドだったが、初回にあっさりと先制点を許した。

 先頭の桑原に初球を左越え二塁打され、楠本が送った1死三塁から佐野が右前適時打。わずか6球で1点を失った。

 しかし、その後は落ち着いた投球で抑えると、打線が2回に反撃。先頭の4番・中田が今永のカーブをとらえて左翼へ23号同点ソロを放つと、続く岡本が左前安打で続く。2死後、大城が右翼へ13号2ランを放って、勝ち越しに成功した。

 さらに4回、2死からポランコがバックスクリーンへ23号ソロを突き刺すと、6回には丸が右中間席へ27号ソロを放ち、リードを4点に広げた。

 菅野は3回1死一塁から佐野を三振ゲッツーに仕留めると、4回以降は3イニング連続で3者凡退に抑える。7回1死から宮崎に右前安打されたものの、後続を抑えてこの回限りで降板。7回を5安打1失点で9勝目を手にした。

 8回に鍵谷が1点を失い、9回も大勢が佐野に一発を浴びたものの、後続を抑えて34セーブ目。これで試合のなかった3位の阪神、広島にゲーム差なしに迫った。

2回無死、中田翔が同点ソロ本塁打(カメラ・相川 和寛)
力投する巨人先発投手の菅野智之(カメラ・関口 俊明)
すべての写真を見る 2枚

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年