荒川静香氏、日本連盟の副会長退任「今後もスケート界に貢献できるように」任期満了

スポーツ報知
荒川静香氏

 日本スケート連盟は19日、都内で定時評議員会を開催し、新理事25人を選任した。

 フィギュアスケート女子の2006年トリノ五輪金メダルで2012年から副会長を務めてきた荒川静香氏は、任期満了で退任。「時代の流れに沿って、必要なことを導き出して、よりよいスケート界を目指していくために、役割を考えて参りました。今後ますますのスケート界の発展を願い、最善を尽くして今後もスケート界に貢献できるように努めて参ります。10年間、ありがとうございました」とあいさつした。

 同日行われた臨時理事会にて、現職の斎木尚子氏、伊東秀仁氏が副会長に就任。また、長島昭久会長は続投となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×