島田高志郎 235・90点で今季初戦は2位 ロンバルディア杯

スポーツ報知
島田高志郎

◆フィギュアスケート チャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯 最終日(18日、イタリア・ベルガモ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の島田高志郎(木下グループ)はフリー4位の146・72点、合計235・90点で2位だった。

 演目は2季連続の「チャップリン」。冒頭の4回転トウループが2回転になり、後半の3回転フリップが1回転になるなどジャンプのミスが続いた。

 プログラム継続の理由を「もっと洗練できるなっていう思いが僕にもステファン(ランビエル)コーチにもあった。ステファンコーチからも『フリーは継続してほしい』『まだもっとできるよ』みたいな感じで言ってもらった」と話していた島田。今季初戦で得た収穫と課題を持ち帰り、完成形を作り上げていく。

 SP2位のアダム・シャオイムファ(フランス)が152・50点、237・19点で優勝した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×