J2甲府4連敗 アウェーで横浜FCに惜敗

スポーツ報知
敗れてサポーター席に頭を下げる甲府イレブン

◆明治安田生命J2リーグ ▽第37節 横浜FC1―0甲府(18日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 J2甲府はアウェーで横浜FCに0―1で敗れ、4連敗となった。前節から採用した4バックで臨み、立ち上がりからボールを支配していたが、後半40分、横浜FCのFW小川航基(25)にヘディングで決められて失点。後半から投入されたFWウィリアンリラ(28)らが果敢にシュートを放ったが、奪い返せなかった。

 台風14号の影響で振り続けていた雨は、試合の時には止んだが、横浜まで駆けつけたサポーターの期待には応えられなかった。相手の裏を狙い、何度かチャンスをつくったMF鳥海芳樹(24)は、同じ桐光学園出身の小川に決勝弾を許したことに「一番やられたら悔しい先輩にやられてしまった」とうなだれた。

 4連敗の中に惨敗はないが、結果は出ていない。順位も16位に後退した。吉田達磨監督(48)は「結果は讃えられないけど、選手たちが見せてくれたパフォーマンスには満足している。今やっていることを続けていくしかない」と淡々と話した。

 24日にはアウェーで大分と対戦する。DF須貝英大(23)は「ネガティブになりすぎず、ポジティブにやるしかない」。次こそは結果を出しに行く。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×