【阪神】2失策で先制許す 中野拓夢、藤浪晋太郎が悪送球

スポーツ報知
6回無死二塁、山崎晃大朗の送りバントを一塁へ悪送球する藤浪晋太郎

◆JERAセ・リーグ 阪神―ヤクルト(18日・甲子園)

阪神が失策絡みで先制を許した。

 両軍無得点の6回。先発・藤浪は1番・塩見を遊ゴロに仕留めたが、遊撃・中野が一塁に悪送球。原口がジャンプしても届かず、ボールはカメラマン席で跳ねて、フェンスを越え、観客席へ入った。塩見は二塁に進塁し、無死二塁。山崎がバントを決めると、藤浪が一塁へ悪送球。二塁走者は生還し、先制された。

 中野は3回にも悪送球で失策が記録されており、この日、3つのエラーでリーグワーストを独走する82失策となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×