【侍ジャパン】栗山英樹監督「日本で一番うまい」源田壮亮を絶賛。田中将大らベテラン勢にも言及

スポーツ報知
侍ジャパンの栗山英樹監督

 侍ジャパンの栗山英樹監督が18日、西武・楽天戦(ベルーナD)を視察。西武・源田について「日本で一番、うまい人なのでね。ゲンちゃんに関しては元気でやっていてほしい」と絶賛。来年3月のWBC本番へ向け信頼を口にした。

 栗山監督にとっては昨年までは対戦相手として苦しめられた。「ゲンちゃんの守備の関してはね。本当にたくさんヒットがアウトになっていたわけですから。もちろん、スピードを使えるのも大きいし、チームが勝つために何でもできるということが大きい。走者を進める、送る、ボールを待つ、ファウルにする。何とか粘っていかないといけない苦しい状況の時をイメージをすれば、幅がある選手がたくさんいないといけない。そういったところの信頼感はある」と賛辞を並べた。

 また、西武の主軸2人である山川、森も候補かと聞かれ「もちろん。森選手に関しては、本人としてはまだまだ納得しない形ではあると思いますけど、ただ、持っているものの大きさというものは本当にある。山川選手もそう。本塁打を打ちながら、色々な対応力がどんどん上がっているようにすごく見える。どういう風にメンバーを選んでいったらいいのかというのを考えていきます」とした。

 5回3失点で9勝目の則本については「今日、いいね。岸、則本、マー君ていうのは、俺の中では絶対的な投手であるのは間違いない。そういうふうな人たちの経験、技術、能力をどういうふうに組み合わせていったら一番勝ちやすいのかって考えているだけ」と選出の可能性に触れた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×