【東都大学準硬式野球】帝京大が接戦を制す 小平翔斗、決勝打を放ち今季初勝利

スポーツ報知
6回無安打無失点に抑えた小石川(右)と決勝打を放った小平

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 中大0―1帝京大 1回戦(17日・スリーボンドスタジアム八王子)

 帝京大が接戦を制した。先発の小石川明矢(2年)=八王子=は、2回2死一、二塁のピンチを見逃し三振で切り抜けると、6回まで中大打線を無安打に抑えた。打線は、7回に千葉樹(3年)=日野=が失策で出塁すると、犠打で二塁へ進塁。この好機に、小平翔斗(3年)=加藤学園=が「厳しい試合展開が続いていたので、流れを変える一打が打ててよかったです」と右中間を破る決勝の適時三塁打を放った。7回以降は、2番手の山崎陽平(3年)=横浜隼人=が無失点に抑え、チームは今季初勝利を挙げた。

 好投した小石川は「前回、不甲斐ないピッチングをしたので、今日は必死に投げました。次も一戦必勝で頑張っていきます」と振り返り、次戦の勝利を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×