五十嵐カノア、日の丸背負い挑むホームビーチのワールドゲームズへ「チームの金メダルが大切」

開会式に出席したサーフィン日本代表(日本サーフィン連盟提供)
開会式に出席したサーフィン日本代表(日本サーフィン連盟提供)

 サーフィンの世界選手権に相当するワールドゲームズ(米カリフォルニア州ハンティントンビーチ)に出場する東京五輪男子銀メダルの五十嵐カノア(木下グループ)が16日、オンライン取材に応じた。17日から競技が開始されるが、「コンディションは今年のピークに近い。体と準備はもう100%だと思う」と仕上がりに自信を見せた。

 今大会は団体優勝チームに24年パリ五輪の出場枠が1つ与えられる。「今回の目標は自分の金メダルを取ることもそうだが、チームの金メダルを取ることが大切」。会場は自身のホームビーチでもあるが、自宅ではなく日本代表の宿舎でともに過ごし、チームメートに波の特徴などを伝えている。「チームのみんなはファミリー。みんなをハッピーに、スマイルを見るのが好き。海に入ってない時はチームのサポートに集中したい」と意気込んだ。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×