10・23 純米酒大試飲会 「第11回 純米酒エルボー」  開催決定!「扶桑鶴」桑原酒場 出展酒蔵紹介

スポーツ報知
扶桑鶴 桑原酒場の春

 日本全国の日本酒蔵が大集合、純米燗酒を中心とした純米酒大試飲会「第11回純米酒エルボー 純米酒大試飲会」(主催・酒のはしもと、正木成幸代表取締役社長・千葉県船橋市=後援・報知新聞社)が10月23日、リーガロイヤルホテル東京・ロイヤルホール(新宿区戸塚町1・104・19)で開催される。日本酒の魅力、楽しさをより多くの方々へ知って頂く為に当日、出展予定蔵を正木社長が紹介する。

 酒屋万流、それぞれの蔵にはそれぞれの想いや歴史、背景、風土、信念があり蔵元である人がいます。今回は島根県西部、石見地方益田市に所在する扶桑鶴醸造元、桑原酒場です。

 創業は1903年。年間約300石(1800ml換算3万本)の小さな蔵で石見杜氏である寺井杜氏を中心に3名程度で醸します。冬は酒造り、その他の季節はメダカブリーダーとしてもご活躍。扶桑鶴の銘々由来は、鶴は長寿のシンボルとして親しまれ、その鶴に飲む人、造る人共にあやかりたいと言う願いと、日本(扶桑)を代表する酒として、鶴の様に羽ばたいて行きたいという想いを込めて命名。「扶桑」とは中国の古い伝説で東海の日出る所にあるというご神木。その土地の意であり、日本の古称を表します。

 簡潔に表すならば、扶桑鶴は癒しの酒。身体にそっと寄り添う酒。現代に溢れる華やかな香りやジューシーさ、新酒時の味わいを重視することはなく、熟成した時に感じる米の旨さと味わいを何よりも大切にし、冷やして飲むだけでなく、お燗や常温等、様々な温度で楽しめる。何よりも食と寄り添い飲み飽きなく、気付いたらお燗でついつい飲みすぎてしまう・・・純米酒から純米大吟醸に至るまで決して派手さは無く、地味ながらもそっと寄り添うような優しい酒質です。

 私(正木)自身、酒蔵さん訪問が続き酒宴が連日繰り広げられ、内臓が非常に疲れた時、蔵のある益田駅前のお店でお燗付けて飲んでほーっと!したことが癒しの実感。まさに優しく染み入る米の旨さを感じる酒。蔵元の穏やかでやさしい性格は酒質にも現れるのか!と思ったほど。

 持論ですがまさにお酒の味わいは蔵の性格に比例する代表選手の様な酒。その優しい酒質の特徴のひとつには仕込水が挙げられます。清流日本一、鮎の産地であまりにも有名な高津川の伏流水で仕込みます。この非常に柔らかな水は扶桑鶴の柔らかで伸びやかな味わいをもたらします。

 ただひたすら、オーソドックスな手法で醸し、山吹色の色合い、味わいを自然に表現。何よりお燗は扶桑鶴の美味しさをしっかりと引立ててゆき、肴と共に一気に名コンビに変化していきます。水も米も人も与えられた環境をしっかりと活かし、逆らうことのない酒造り。自然から頂くこの恵を大切にしているのが扶桑鶴です。

 お酒は様々ありますが、扶桑鶴の様な癒しの酒とじっくり付き合ってみるのも良いのではないでしょうか。ぜひ当日はブースをのぞきに来て癒しの酒をお試し下さい。

▼清酒「扶桑鶴」醸造元

株式会社 桑原酒場

島根県益田市中島町ロ171(TEL・0856・23・2263)

「扶桑鶴」HP  https://fusozuru.com/

酒のはしもとHP  https://www.jyunmai.co.jp/

チケットは「酒のはしもと」(TEL047・466・5732)ホームページと店頭で販売中。

◆「第11回純米酒エルボー 純米酒大試飲会」

◆日時=22年10月23日(日)午後5時40分開場、18時開宴。

◆会場=リーガロイヤルホテル東京 ロイヤルホール

◆チケット=大人ひとり・1万円 全席指定 当日販売はありません。お楽しみ抽選会等も開催される。

※新型コロナウイルスの影響等により延期の場合あり。会の中止以外はキャンセルできません。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×