J2ベガルタ仙台 DF若狭大志が堅守見せる!…18日ホームで徳島戦

スポーツ報知
栃木戦で積極的に攻撃参加する仙台DF若狭大志

 J2ベガルタ仙台は18日、ホーム・ユアスタで10位徳島と対戦する。16日は非公開で練習した。前節の栃木戦(14日、1〇0)で約3か月ぶりに出場したDF若狭大志(33)は「試合は疲れました(笑い)。ですが連敗を止められて本当に良かったとホッとしています」と勝利に導き充実した表情を見せた。

 頼れるディフェンダーが帰ってきた。6月25日の山形戦(1△1)で左膝関節後方関節包損傷と左脛骨高原骨折の全治約3か月の重傷を負っていた。だが、予定よりも早く復帰でき、失点が止まらずに5連敗を喫していたチームを救った。栃木戦ではDF佐藤瑶大(24)と声を掛け合い最終ラインを統率。初めての組み合わせで無失点に抑え「手応えはありました。このまま残り試合も力を出していければ」と話した。

 攻撃でも存在感を見せた。前半から相手ペナルティーエリア付近まで駆け上がり、ボールを保持してタメをつくるなど積極的に参加。復帰前のチームを観戦し「流れが悪かった。大分戦(0●1)でも自分たちの時間もなく、僕のところで上手くボールを運べれば」と、意識していたことを存分に発揮し、攻撃に違いを見せた。

 次節の徳島は直近5戦で4勝1分けと勢いに乗り、リーグ最少失点数の26で、5敗しかしていない堅守のチーム。前回対戦では終盤でPKを獲得して引き分けに持ち込めた相手だが「相手どうこうより自分たちのペースを出して勝ちたい」ときっぱり。「攻守の切り替えを早く、取られたら前からしっかり素早く守備をしていきたい」と徳島以上の堅い守りで勝利を狙う。

(山崎 賢人)

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×