【ボートレース】18日から桐生でオールレディース 守屋美穂が初日ドリーム戦1号艇で登場

スポーツ報知
今シリーズもV候補筆頭の守屋

 ボートレース桐生の「G3オールレディース」は、18日から23日まで6日間の日程で開催される。ナイター照明を浴びて、懸命にボートを操る女子レーサーに目はくぎ付け。今回は今年の女子賞金ランク上位に名を連ねる守屋美穂、香川素子、当地実績上位の山川美由紀、松本晶恵らを中心にシリーズを展望する。

 当節は優勝賞金120万円。シリーズを行方を左右するダブルドリーム戦の出場予定選手は以下の通り。

 ▽初日12R

 〈1〉守屋 美穂(岡山)

 〈2〉山川美由紀(香川)

 〈3〉原田 佑実(大阪)

 〈4〉香川 素子(滋賀)

 〈5〉今井 裕梨(群馬)

 〈6〉平田さやか(東京)

 ▽2日目12R

 〈1〉松本 晶恵(群馬)

 〈2〉寺田 千恵(岡山)

 〈3〉落合 直子(大阪)

 〈4〉広中智紗衣(東京)

 〈5〉中里 優子(埼玉)

 〈6〉桜本あゆみ(群馬)

 守屋は今年2月、当地で開催されたG2レディースオールスターを会心の4カドまくりで優勝した。他にも2月の若松W優勝戦、4月の多摩川、8月の大村オールレディースでV。スタートは速くて正確で、エンジンも出し、女子戦では常に優勝候補として推せる。

 8月のまるがめG1レディースチャンピオンを優勝したのは香川。近況好調で優出多数、A1級復帰の見通しも立っている。

 山川はレディースチャンピオン最多4Vを誇る古豪。桐生では2018年の同G1をはじめ、通算11優出4Vの高実績を誇る。抜群の速攻力、調整力を駆使して周囲を黙らせ、19年1月以来の優勝を目指す。

 松本は当地女子戦はほぼ優出しており、通算5Vで実績上位だ。今井は6月の桐生ヴィーナスシリーズで初優勝。直近の鳴門ヴィーナスシリーズも制し、覚醒した感がある。ともに地元ファンの声援を強みに、今大会も活躍が期待される。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×