【大学野球】プロ注目!大商大・伊原陵人の武器は回転数2400の147キロ速球…関西六大学の注目選手紹介

スポーツ報知
大商大・伊原投手

 関西六大学野球2022年秋季リーグ戦は中盤戦に突入。大商大は2季連続、龍谷大は2季ぶりの優勝を目指して奮闘。大経大、大院大、京産大、神院大の躍進はあるのか―。各大学の注目選手を紹介する。

◆  ◆  ◆  ◆

 大商大のプロ注目左腕・伊原が、チームを悲願の日本一に導く。今季はまだ登板がないが「この投手が出てきたら、雰囲気が変わると言われるように」と、投手キャプテンとしての自覚は十分だ。

 最速147キロの球速では分からないすごさがある。「コーナーを突き、打たせて取る投球が持ち味」と、制球力に自信を持つ。直球の回転数は、平均2400。NPB投手の平均が2200と言われていることから、その質の高さがうかがえる。

 先輩の大西(現ヤクルト)や橋本(現中日)、花村(現JR西日本)が在学時には、けん制など投球に関する指導を受けた。「ピンチを迎えたときや、ボールが続いたときに、高校のときは一定のリズムで投げていた。そういう場面での間の取り方は、大学に来て大きく変わった」と胸を張る。

 智弁学園高(奈良)3年時に、エースとしてセンバツに出場。創成館(長崎)との3回戦で敗れたが、8回1/3を1失点と好投した。日本一になるために大商大へ進学。「すごい選手がたくさんいる中で、負けないように必死にやってきた結果が、次につながった」と、力をつけていった。

 ここまで3度、全国大会で投げたが、いまだ目標には届いていない。昨秋のリーグ戦では、龍谷大との2回戦の先発を託されたものの、3回途中4失点で降板。春季リーグ戦も5登板で2勝に終わった。「秋に日本一を取りに行ってから、その先を考えたい」。今季に懸ける思いは人一倍、強い。

 ■伊原陵人(いはら・たかと)2000年8月7日、奈良・橿原市生まれ。22歳。晩成小1年から軟式の晩成フレンズで野球を始め、八木中では軟式野球部に所属。智弁学園高では2年センバツ後からベンチ入り。大商大では1年春からリーグ戦に登板。球種はカットボール、スライダー、カーブ、フォーク。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×