【競輪】名古屋G2共同通信社杯きょう16日開幕

スポーツ報知
現在20連勝中の脇本雄太

◆第38回共同通信社杯G2 初日(16日、愛知・名古屋)

 優勝賞金2581万円(副賞含む)をかけて、16日に開幕する。初日はオール一次予選で、選考順位による自動番組編成。10Rは吉沢純平―平原康多の関東タッグが強力だが、細切れ戦で別線勢にもチャンスがありそう。11Rは記念を連続優勝して乗り込んできた松浦悠士の勢いを買う。栃木勢と分かれて単騎で戦う木暮安由の出方に注目。12Rは現在20連勝中の脇本雄太が堂々の主役。岩本俊介、原田研太朗らが自力でアタックする。また、今回ビッグ初出場の中野慎詞は7R、前回覇者・山口拳矢は5Rに登場する。

脇本雄太「連勝意識しない」…12R

 【12R・一次予選】脇本が連勝を伸ばす。前走の立川も圧倒的なスピードを見せつけ、危なげなく完全Vでクリア。「連勝は意識していない。一戦一戦勝ちにいくだけ」と、気負いもおごりもない。同期の岩本が真っ向から力勝負を挑んできそうだが、仮に7番手になっても今の脇本なら十分届く。岡崎が付け切れるかが焦点。29を本線に25、21。

 1岩本俊介、2脇本雄太、3橋本優己、4稲垣裕之、5諸橋愛、6片岡迪之、7和田圭、8原田研太朗、9岡崎智哉

 展開 294 157 3 86

 ◆選考基準 〈1〉S級S班在籍者〈2〉直近前回の五輪自転車競技メダリスト〈3〉共同通信社の推薦3人〈4〉上記を除く、日本競輪選手養成所105期以降の選手のうち、22年1~6月(選考期間)における平均競走得点上位25人〈5〉選考期間におけるFI開催決勝1~3位のうち、回数の多い選手を選抜。1着の回数が同数の場合は2着回数の多い選手を、2着回数が同数の場合は3着回数が多い選手を、3着回数が同数の場合は平均競走得点上位者を優先〈6〉上記による選抜で108人に達しない場合は、選考期間における平均競走得点上位を順次選抜

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×