【ソフトバンク】高校通算68発の高松商・浅野翔吾を生チェック 球団幹部が渡米…巨人に続き上位候補か

高松商・浅野翔吾
高松商・浅野翔吾

 ソフトバンクが、15日(日本時間16日)から始まるU18W杯SRで浅野翔吾外野手(高松商3年)を生チェックするため、球団幹部を渡米させたことが14日(同15日)、分かった。

 約1か月後のドラフト会議を前に“狂騒曲”が本格化してきた。高校通算68本塁打の浅野はここまで全5試合に「1番・左翼」で出場し、打率5割、1本塁打、4打点。NPBでは巨人のみ初戦から密着マークを続けていたが、新たにソフトバンクも“参戦”する。幹部が海外の試合を直接チェックすることからも、ドラフト1位の有力候補と位置づけているのは間違いなさそうだ。

 浅野は台湾戦で左手首と左膝を痛めて途中交代。悔しさのあまり「全然寝られなかったです」と朝を迎えた。検査の結果「左手首の軽い捻挫」、「左膝の軽い打撲」といずれも軽症の診断。この日は素振りで状態を確認し、「少し(左手首に)痛みがあったんですけど7割、8割で振れた」と覚悟を決めて初戦の韓国戦に臨む。馬淵監督は「やってもらわな。日の丸を付け取るんじゃけ。(スタメン?)当然です」と命運を託す。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×