【巨人】秋広優人が特大7号を放つも敗戦 先発の井上温大は5回2失点 2軍西武戦

スポーツ報知
7回1死、右越えソロを放つ秋広優人(カメラ・小林 泰斗

◆イースタン・リーグ 西武―巨人(15日・ベルーナドーム)

 巨人2軍は西武に2―4で敗れ、引き分けを挟んで4連敗となった。

 先発の井上は3回まで無失点と好投を続けていたが4回。連打で無死一、三塁とされるとジャンセンの中前適時打で先制点を献上。さらに2死一、三塁から重盗の間にもう1点を失った。5回5安打2失点、4つの三振を奪い四死球はゼロと試合を作り「次回はランナーが出てからも簡単には点を与えないように、投球に工夫を入れていきたいと思います」と修正を誓った。

 打線は2点ビハインドの5回。2死から湯浅が四球で出塁すると、増田陸が右中間を破る適時三塁打を放ち1点差に詰め寄った。しかし、2番手・堀田が6回2死三塁から仲三河にバックスクリーンへ7号2ランを浴び、点差を3に広げられた。

 直後の7回は1死から秋広が右翼席中段へ突き刺す特大の7号ソロ。実に17試合ぶりの一発を放ったが反撃はここまで。8、9回は無得点に封じられた。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請