【西武】外崎修汰、復帰戦で3の3猛打賞 仲三河優太が豪快弾…2軍5連勝

スポーツ報知
6回無死、中前に安打を放つ外崎修汰(カメラ・小林 泰斗)

◆イースタン・リーグ 西武4―2巨人(15日・ベルーナドーム)

 西武の外崎修汰内野手が「3番・二塁」で出場。

 急性腰痛のため7日に登録抹消となっていたが、実戦復帰した。

 初回2死、左腕・井上の初球を捉えて痛烈な左前安打。4回無死二塁、またも井上から左前安打。6回には堀田から中前安打を放って3打数3安打で、代走を送られて交代した。

 守備でも軽快なプレーを見せ、走塁でも二飛で二塁から三塁にタッチアップ、重盗を仕掛けて本塁に生還など走攻守で躍動した。

 6回には大阪桐蔭出身の仲三河が中堅右に弾丸ライナーの2ラン。先発今井が実戦復帰で2回無失点だった。西武2軍はこれで引き分けを挟んでイースタン・リーグ5連勝となった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×