チヌ大物ラッシュ!名手3人「激重ペレット」で続々ゲット…三重・尾鷲天満浦

スポーツ報知
マルキユーのエサを駆使して53センチの大型チヌを釣り上げた工藤さん

 大物との出会いは、釣り人にとってのロマンだ。チヌ・カカリ釣りの名手、工藤昇司さん(マルキユー・アドバイザー)、前川正廣さん、山本孝義さん(ともに同社フィールドテスター)の3人が1日、三重・尾鷲市天満浦に釣行。養殖イケス(コワリ)から「激重ペレット」などマルキユーのエサを駆使し、大物ラッシュを果たした。

 高々と突き上げられた竿が、大きく胴からしなった。リールを巻きながら海面を見つめる工藤さんの目が、鋭さを増した。「来た」。無事、タモに収めたのは53センチの大型チヌ。名手は、満足そうに笑みを浮かべた。

 近年、養殖イケス周辺での釣りが脚光を浴びている。チヌだけでなくマダイ、青物、グレ、ヒラメなど様々な魚種が狙える上にサイズも期待できる。中でも、この天満浦は大型チヌの実績が高く、人気がある。

 この日は微風で波も穏やか。工藤さんは、朝イチから「激重ペレット」などを配合したダンゴを熱心に打って魚を寄せけ、落とし込みで本命にアプローチした。

 まずは8時半頃、「ニュー活さなぎミンチ激荒」の中のコーン3粒刺しで40センチ級のチヌをゲット。そして、午前11時前、この日の最長寸53センチを仕留めたのだ。付けエサは「食い渋りイエロー」と「高集魚レッド」のミックス掛け。沖へ流れる潮に仕掛けを乗せ、3ヒロほどラインを出したところでスッと穂先が引き込まれた。

 一方、前川さんはダンゴ釣りで本命を狙った。海底で割れたダンゴから付けエサが抜けてもアタリがないパターンが2投続き、エサをコーンから「くわせ丸えびイエロー」にチェンジ。直後に52センチの大型を仕留め、次も同じエサで35センチ、さらにコーン4粒刺しで43センチと3連発でチヌを釣り上げた。

 粘った末に答えを出したのは、山本さん。間断なくダンゴを打ち返し、付けエサをローテーション。午後1時40分、ようやく「荒食いブラウン」で46センチを仕留めた。初めての釣り場で良型と出会えて「底にポイントをつくって待っていたら居食い気味に食ってきた。ホッとした」と、うれしそうに汗をぬぐった。

 3者に共通していたのは、こまめに付けエサを替えて“正解”を探ったこと。そして、ダンゴを熱心に打って魚を寄せたこと。チヌ釣り歴40年を超える大ベテランの工藤さんは「練りエサ、コーンなどいろいろなエサを用意することは、やはり大事」と説く。さらに「激重ペレット」について「まとまりやすく、握り加減でバラケるタイミングをコントロールしやすいのが最大の特徴」と絶大の信頼を置いている。

 本格的な秋が近づき、格好のアウトドアシーズンを迎えつつある今、あなたもマルキユーのエサを手に大物との出会いを求めてみては。

 前川さんが、お薦めのダンゴ配合レシピを教えてくれた。汎用性が高く、あらゆる釣り場に対応しやすいのが特徴だ。

 内容は「パワーダンゴチヌ」1袋、「紀州マッハ攻め深場」半袋、「細びきさなぎ(900グラム)」1袋、そして「激重ペレット」1袋を混合。これに「大物にこれだ!」1本を海水3リットルで溶いて加え、「ニュー活さなぎミンチ激荒」をアンコに使う。

 三重県津市在住で、従来は鳥羽、志摩エリアで中型チヌの数釣りを楽しむことが多かった前川さん。最近は、大型を求めて尾鷲に足しげく通っている。そんな前川さんにとって「激重ペレット」は切り札のような存在。「養殖イケスに着いている魚はペレットを常食しているので効果はある。握り心地もすごくいい」と、ほれ込んでいる。

 ◇問い合わせ 「光栄丸」(船長携帯090・2131・8197※午後7時まで)へ。

 ◇交通 紀勢自動車道・熊野尾鷲道路の尾鷲北ICを降りて、そのまま東へ約1・5キロ直進。尾鷲港から出船。

 ◇料金 渡船代は1人5000円(女性、高校生まで1人2000円)。釣り座は完全予約制。

 ◇時間 取材時は午前5時半~午後5時。時期によって変わるので要確認。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×