湘南は貫禄勝ち 同期対決を制す ゼット杯第34回日本少年野球東日本選抜大会・神奈川県支部予選

スポーツ報知
2回戦6回、湘南・三川の適時内野安打で貴重な追加点

 ◆ゼット杯第34回日本少年野球東日本選抜大会・厚木大会 神奈川県支部 ◇中学生の部▽2回戦 湘南ボーイズ5-3横浜泉中央ボーイズ(10日・田代球場)

 1990年加盟の“同期”横浜泉中央に逆転勝ち。1―2で迎えた5回。2死走者なしから1番・池永が中前打を放つと二盗を決め、途中出場の三川=写真=が左中間へ同点二塁打。三川は6回2死満塁でも5点目をたたき出す適時内野安打を放ち「どんな球でも強く振ることだけを考えていました」とホッとした様子だった。田代栄次監督は「この大会は新チームの勉強の場。来年夏の全国大会に出て優勝旗を返すのが最大の目標」と強調した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×