【東都大学準硬式野球】東海大 投打がかみ合い3連勝

スポーツ報知
3連勝に貢献した東海大・稲野辺(右)と門脇

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 日大2―6東海大 1回戦(10日・スリーボンドスタジアム八王子)

 東海大が打ち勝った。5回に仲亀利哉(2年)=桐光学園=の適時打などで2点を先制。6回は門脇郁也(3年)=東海大市原望洋=の適時二塁打で2点を追加した。投げては先発の稲野辺元太(2年)=東海大相模=が、5回まで安打を許さない好投をみせ、8回こそ2点を失うも完投し、チームの3連勝に貢献した。

 東海大・門脇「日大は日本一になっているチームなので、攻める気持ちを忘れずにプレーしました」

 東海大・稲野辺「チームのみんなが声をかけてくれたのでなんとか踏ん張りました。次戦も絶対負けないです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×