【ニエル賞】武豊騎手&ドウデュース4着...フランス馬シムカミルが勝利

スポーツ報知
ニエル賞で4着に敗れたドウデュース

◆ニエル賞・仏G2(9月11日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)

 今年の日本ダービー馬で、武豊騎手=栗東・フリー=が騎乗したドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)は、3歳馬7頭による凱旋門賞の前哨戦で4着に敗れた。1着はフランス調教馬のシムカミル(牡)で、勝ち時計は2分32秒81。日本馬としては同じダービー馬のキズナ(13年)、マカヒキ(16年)に続く3勝目はならなかった。

 ドウデュースは昨年の朝日杯FSでG1初制覇。武豊にとっても、同G1タイトル22回目の挑戦で初勝利という念願の勝利だった。3冠初戦の皐月賞は3着に敗れたが、5月の日本ダービーで雪辱し、世代の頂点に。昨年のシャフリヤールが記録したダービーレコードを0秒6も上回るタイムでの完勝だった。

 友道調教師はこの前哨戦を「(現地での)1本目の追い切りぐらいのイメージ」と位置づけており、ステップレースとしての意味合いが強かった。日本競馬界の悲願である凱旋門賞制覇に向け、ここからさらにピッチを上げる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×