11月でフォーリーブス“見納め” おりも政夫、結成55周年記念の映画上映会で明かす

トークショーではフォーリーブス時代の歌も披露したおりも政夫
トークショーではフォーリーブス時代の歌も披露したおりも政夫

 昭和の人気アイドルグループ、フォーリーブスが主演した映画「急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS」(1974年、小谷承靖監督)が11日、結成55周年を記念して東京・池袋HUMAXシネマズで上映され、メンバーのタレント・おりも政夫がイベントを行った。

 後半ではおなじみの「ブルドッグ」など4曲を熱唱。会場は長年の女性ファンでいっぱい。歌の時だけ総立ちが許され、ペンライトOKになり、映画館がコンサート会場と化した。振り付きで歌い終わったおりもは、汗びっしょり。映画については「なぜか撮影時のことはほとんど記憶にない」と言いつつも、「殴り合う場面で額がカメラのフレームにぶつかり、血が出て4針縫った。救急搬送されたのは覚えています」と振り返った。

 また11月28日に大阪・新歌舞伎座で「蘇るフォーリーブス生コンサート!」を開催。故人となった青山孝史さん、北公次さんの映像とステージ上のおりも、江木俊夫が共演する形で行われる。おりもは「残ったのが2人っきりに。これが最後になると思う」と少し寂しそうだった。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×