【大学野球】京大のプロ注目右腕・水口は3回1失点 4連敗に危機感「チームとして変わっていかないと」

スポーツ報知
3回1失点のプロ注目右腕・水口創太

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第2節2回戦 関大4―0京大(11日・マイネットスタジアム皇子山)

 京大が関大に0-4で敗れ、開幕4連敗を喫した。京大医学部人間健康科学科に在籍するプロ注目右腕・水口創太(4年=膳所)は7回から登板。3回を投げて2被安打1失点だった。

 京大は、ここまで3試合で1得点、失点は11と投打ともに精彩を欠く試合が続いていた。この日も相手先発・鷲尾昂哉(4年=登美ヶ丘)と2番手・辰己晴野(4年=米子松蔭)を前に3安打と打線が沈黙。投手陣も13被安打4失点と、流れをつかみきれなかった。

 水口は、3日に同大との初戦で2回を1安打無失点3奪三振と、調整の遅れを感じさせない投球を披露。水口自身「開幕前に10割にもってこれた。今はしっかり調整ができている」と話した。この日は最速146キロを出したが、9回先頭に右越えの二塁打を許し、その後1死三塁から中犠飛で今リーグ戦初失点。水口は「1点も与えてはいけない場面だったので反省です。先制できないと厳しい展開になるので、次の試合からはチームとして変わっていかないといけない」と危機感をあらわにした。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×