【大学野球】阪神・佐藤輝の弟・関学大の太紀が今季リーグ戦初出場で三振 プロ志望届提出済「野球一本で」

スポーツ報知
8回無死一塁、空振り三振に倒れた関学大・佐藤太紀

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第2節1回戦 近大6―1関学大(10日・マイネットスタジアム皇子山)

 阪神・佐藤輝明内野手の弟で、関学大の佐藤太紀内野手(4年)が、8回無死一塁で代打として今季初出場した。プロ注目の近大・大石晨慈の前に空振り三振に倒れた。「チェンジアップにタイミングが合わなかった」と、悔しさをにじませた。

 佐藤太はNPBと独立リーグの両方を見据え、プロ志望届を提出済み。「野球一本で。高いレベルで野球がしたい。自分で決めた。やれるところまでやってみたい」と、一般就職は考えていないという。

 いろんな打者の映像を見て研究し、兄の下半身の使い方や体重移動も取り入れている。「結果を出さないといけない」と、強い決意を示した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×