来季から「けん制2回まで」の新ルール導入…MLB “大谷シフト”も制限へ

 米大リーグ機構(MLB)が来季から、「けん制は2回まで」の新ルールを導入する。プレートを外す行為もけん制球を含めて2回までで、3回目は成功しなければボークが宣告される。9日(日本時間10日)にも発表される。

 投球間の時間制限「ピッチクロック」も開始。試合時間の短縮などが狙い。投手は無走者なら15秒以内、走者がいる場合は20秒以内に投げることが求められ、制限時間を超えれば1ボールが増える。打者は残り8秒の時点で投手との勝負に集中しなければならず、違反すると1ストライクが加算される。

 また、近年激増傾向の極端な守備シフトも制限される。内野手は投手が投げるまで、二塁ベースを挟んで2人ずつ構えなければならず、外野の芝には入れない。エンゼルス・大谷に対して対戦チームはこれまで一、二塁間に3人の内野手を置くケースが多かった。“大谷シフト”が禁止されれば、打率は上がりそうだ。ベースは約7・6センチ大きくなり、選手のけが防止や盗塁の増加を目指す。

 今季各ルールを試験的に導入したマイナーリーグでは、平均試合時間が昨季の3時間4分から、2時間38分へ大幅に短縮した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×