黒柳徹子、エリザベス女王来日時に面会 当時を回想「正直でかわいらしく威厳のある方」

スポーツ報知
黒柳徹子

 エリザベス女王の来日時に面会した女優の黒柳徹子(89)がメッセージを寄せ、「女王様ほど、正直で、おかわいらしくて、そして威厳のある方に、それ以来お目にかかっていない」と追悼した。

 女王が羽田空港から皇居に移動するまでのテレビ中継を担当した黒柳は英国大使館で女王と対面。女王から「仕事はうまくいったの?」と質問され、「女王様が上手におやりくださったので、うまくいきました」と返すと、女王が冠の宝石を揺らしながら笑いこけたという。「全部の宝石が揺れるので、さん然とはこういうことを言うのだな。光輝く中に女王様は立っていらした」と懐かしんだ。

 英国系の女学校出身で英国風の英語を習ったという黒柳だが「女王様は実に自然で『これが英国風です』という感じは全くなかった」とその振る舞いに感動。女王は、NHKと違いBBC(英国営放送)にコンピューターの放送システムがないことを再三嘆いていたといい「なんか女王様をいじめているような形になっちゃって困ったなと思った」と回想した。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×