NHK大河「鎌倉殿の13人」小悪魔美女にだまされる小栗義時にセクシー市原!武将の悲喜こもごも…第35回みどころ

スポーツ報知
義時の館にて。新しい妻・のえ(菊地凛子)を三浦義村(山本耕史)に紹介する義時

 俳優の小栗旬が鎌倉時代の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第35回「苦い盃」(11日放送)で、御家人の筆頭・執権の北条時政(坂東彌十郎)と武勇で知られる畠山重忠(中川大志)が一触即発の状態になる。

 畠山の拠点・武蔵国に、時政がちょっかいを出すことで緊張感が高まった両者。そこへ時政とりく(宮沢りえ)の息子・北条政範(中川翼)の変死をめぐり、畠山陰謀論が浮上するなど修復不可能な状況になってしまう。

 畠山も、今作では演じる中川のおかげでスマートな印象になっているものの、怪力の持ち主とされている。伝説的な逸話の多い史料「源平盛衰記」にも登場。源平合戦の一つ「一ノ谷の戦い」では、畠山が愛馬を傷つけまいと馬を背負って崖を下りたという、とんでもないエピソードも残っている。(なお今作では中川が「馬を背負ってでも下りてみせます」と言及)

 北条家が主人公である以上、戦った場合、勝敗の行方は予想しやすい。SNSでも「畠山殿も退場しちゃうの?」「確実に畠山ロスが近づく予感…」と心配する声が相次いでいる。

 前週第34回「理想の結婚」(4日放送)では、北条政範変死の裏側が描かれた。源実朝(柿澤勇人)の妻となる千世(加藤小夏)を京都へ迎えに行き、入京して2日後に16歳で急死。到着前には源仲章(生田斗真)が平賀朝雅(山中崇)に「上皇様とも近しいあなたが実朝様と鎌倉を治めてくれれば言うことなし」「例えばね、政範殿が突然の病で亡くなり…」と毒殺を持ちかけた。ドラマの原作とされる史料「吾妻鏡」では踏み込まれていないものの、今作では朝廷サイドの謀殺説という解釈だ。番組関係者も「昔から(通説にも)ある平賀による暗殺説に、三谷さんが肉付けしたのでは」と推測する。

 今作では源義経(菅田将暉)による「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」は都市伝説、源頼朝の死因は脳出血による落馬など脚本・三谷幸喜氏による現実的な解釈が織り交ぜられている。史実を調べ尽くした上で、足りない部分を創作で補うため、人々の心情描写や伏線回収に違和感がない。

 また34回では義時が、のえ(菊地凛子)との再婚を決めた。のえは「女性はキノコが好き」と信じて疑わない義時からのキノコプレゼントに大喜び。陰で仲間たちの前で「私(キノコ)嫌いだから」と言い放つ小悪魔美女のようなキャラだ。それでも腹黒さを見抜けない義時。なぜかいつも胸元をはだけさせる御家人・八田知家(市原隼人)も義時から見定めを頼まれ「裏表なし。あれはそういう女子だ」と絶賛した。ともに節穴ぶりを発揮し、ネットでも「完全に人を見る目がない」「セクシー節穴」と笑いのツイートが続々。どす黒いストーリーの中でかすかな癒しとなっている。

 第34回の平均世帯視聴率は11・9%で前週より1・7ポイント回復。テレビ朝日系「ポツンと一軒家」の14・4%に次ぐ数字だった。最近では“鎌倉殿の8人”から動きはなし。ドラマで絶妙にさじ加減された喜怒哀楽のバランスを味わいたい。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×