同志社大アメフト部主力4人が逮捕 酔った女性に性的暴行か 3日の開幕戦にも出場

同志社大アメフト部のヘルメット
同志社大アメフト部のヘルメット

 京都府警は8日、酒に酔った女性に性的暴行をしたとして、準強制性交の疑いで、片井裕貴容疑者(21)ら同志社大の男子学生4人を逮捕した。関係者によると、いずれもアメリカンフットボール部所属という。

 府警によると逮捕した4人は片井容疑者のほかに山田悠護容疑者(21)、浜田健容疑者(22)、牧野稜容疑者(21)。逮捕容疑は5月21日未明、京都市内の飲食店で被害者の女子大学生(20)らと飲食後、同市内にある片井容疑者の自宅に連れて行き、酔って抵抗できない女性に性的暴行を加えた疑い。府警は4人の認否を明らかにしていない。同大学は公式サイトに植木朝子学長名で謝罪文を掲載。「当該学生および所属クラブに対する処分を含めて、厳正に対処してまいります」としている。

 近年は低迷する同部は古豪復活を目指し、今年2月に日大アメフト部を反則問題から再建した橋詰功氏(59)をヘッドコーチに招へい。関西大に敗れた今月3日の今季開幕戦で片井、副将の山田両容疑者はDB(ディフェンスバック)で先発に名を連ね、WR(ワイドレシーバー)の浜田、牧野両容疑者も主力選手だった。次戦は17日に近畿大戦が予定されている。

 05年12月に部員3人による女子学生への集団暴行事件が起こった京都大アメフト部では、加害学生は退学処分となり、チームは翌年春の公式戦を辞退した。関西学生アメフト連盟担当者は「正式な報告がまだなく、大学とフットボール部の対応と判断を待つ。過去にも、連盟が処分するようなことはなかった」と話した。

 ◆同志社大アメリカンフットボール部 創部は1940年。関西学生リーグでは46年と79年の2度優勝(79年は関学大との両校優勝)し、昨季は8チーム中6位。大学日本一を決める「甲子園ボウル」は47年の第1回大会に出場し、慶大に敗れた。チーム名は「ワイルドローバー」。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×