【中日】若手から慕われた福留孝介、引退会見で後輩たちがサプライズの花束…まな弟子・京田陽太が呼び掛け

福留孝介(左)の引退会見にサプライズで登場する大島洋平(右から2人目)らナイン(カメラ・義村 治子)
福留孝介(左)の引退会見にサプライズで登場する大島洋平(右から2人目)らナイン(カメラ・義村 治子)

 現役最年長で日米通算2450安打を誇る中日・福留孝介外野手(45)が8日、現役引退を発表し、バンテリンDで会見を行った。米カブスや阪神でも活躍し、WBCでは2度の世界一も経験。24年間の現役生活を振り返り「寂しさもあるが、誰しもが通る道。いよいよ来たなというところ。これだけ好きな野球をやらせてもらった。本当に楽しかった」とすがすがしい表情で語った。

 福留は若手に慕われ、刺激を与える存在だった。会見前日の7日夜、選手会長の京田が木下のスマートフォンを鳴らした。「何人か選手を誘って福留さんへ花束を渡してもらえませんか?」。自身は2軍調整中でバンテリンDには行けないが、尊敬する先輩を華々しく送り出したかった。

 しかし、ナゴヤ球場での2軍戦が雨天中止に。京田は急きょ自宅に戻り、スーツに着替えて会見に駆けつけた。福留が阪神時代の18年、鳥谷敬氏、荒木内野守備走塁コーチとの会食を機にスタートした“師弟関係”。来春の合同自主トレも快諾されていたが、沖縄での“特訓”は幻となった。

引退会見を行う福留孝介(カメラ・義村 治子)
引退会見を行う福留孝介(カメラ・義村 治子)

 福留は会見で若手に向け「もっとうまくなりたいという気持ちが大事。あの時やっておけば良かったと思わないように」と説いた。練習前、人知れずバンテリンD外の駐車場を汗だくになって走る姿。偶然、飲食店に居合わせた記者数人の会計を済ませてしまう太っ腹な姿。全てがレジェンド・福留孝介の姿。中日を3度のリーグVに導いたスラッガーの背中を追う若竜が、1人でも多く登場してほしい。(中日担当・長尾 隆広)

福留孝介(左)の引退会見にサプライズで登場する大島洋平(右から2人目)らナイン(カメラ・義村 治子)
引退会見を行う福留孝介(カメラ・義村 治子)
すべての写真を見る 2枚

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×