群馬選抜が3年ぶり7度目V! 準決上原4安打完封 決勝初回一挙6点 東日本報知オールスター戦中学生の部

スポーツ報知
決勝で東京東選抜を破って歓喜する群馬選抜の選手たち

◆東日本報知オールスター戦◇中学生の部▽準決勝 群馬選抜3―0千葉選抜 ▽決勝 群馬選抜 9―5 東京東選抜(9月4日、茨城・ひたちなか市民球場)

 支部選抜チーム対抗戦の中学生の部で群馬選抜が3年ぶり7度目の優勝。準決勝は右アンダースローの上原が千葉選抜を完封し、決勝は序盤の大量得点を長山、五十畑の継投で守り切り、東京東の連覇を阻んだ。

 4点リードで迎えた決勝7回、最後の打者が高々と打ち上げたフライを三塁手の主将・林が捕球すると、選手たちは人さし指を立てながら歓喜の輪を作った。ウイニングボールをキャッチした林は「全体練習は1回しかできなかったけれど、みんなの気持ちが一つになったことで優勝できたと思います」と胸を張った。

決勝では序盤に打線が爆発した。初回、1番・吉澤が敵失で出塁すると、野選と四球で無死満塁。ここで4番・原田が左前に運び2点を先取。「初回だったので、後ろに回すことだけを考えました」と原田はつなぐ意識を強調した。さらに無死一、二塁から5番・淡路も左前安打。二塁走者に続き、一塁走者の原田も相手守備陣の乱れをつき生還した。

 猛攻は終わらない。1死三塁から7番・神戸の右前適時打で5点目。打者一巡して吉澤の中前適時打でさらに1点加えて計6点。4点差に迫られた2回にも淡路、神戸の2打席連続の適時打でリード広げた。投げては先発・長山を3回途中から五十畑がリリーフ。そのままリードを守り、東京東の連覇の夢を打ち砕いた。

準決勝では先発・上原が躍動した。8月のジャイアンツカップでも好投した右腕は、アンダースロー独特の浮き上がるような球で相手を翻弄(ほんろう)。1年前に 自らの意思でアンダースローに変えたとは思えない見事な投球で4安打完封。「ストレートがよかった。今日の投球は90点はつけられます」と笑顔を見せた。この快投で今大会の最優秀選手にも輝いた。

 3年ぶり7度目の栄冠。早川恭司監督(49、群馬西毛)はホッとした表情を見せながら「投手の頭数が少なく投球数制限もあって、やりくりが大変だった。しかし、選手たちが持ち場で力を発揮してくれた」と選手たちをたたえた。

◇群馬選抜メンバー 林賢杜 吉澤咲人(桐生)上原和玖 淡路温史(高崎中央)長山大輝 萬場翔太(太田スバル)原田大聖 木村大祐(高崎)飯塚壮真 神戸幸樹(群馬西毛)岡田玄記(館林)高橋優太(太田)高羽良静(北毛)五十畑仁(前橋)横室優雅(藤岡)蟻川滉太(渋川)阿佐美斗蒔(前橋中央)阿久津真吾(伊勢崎)入江遼哉(富岡)石原暖人(前橋桜) ※主将は林、全員中3

【表彰選手】

▽最優秀選手賞 上原和玖(群馬) ▽敢闘賞 大野裕貴(東京東)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×