【藤原義雄の南紀直送便】早期に秋磯を満喫するおすすめ釣り場

スポーツ報知

 9月。まだ暑い日は続いているが、秋磯の開幕は近づいてきた。南紀全体でグレが本格的に釣れ始めるのは10月後半。ただ、気の短い釣り師は、それまで指をくわえて辛抱できるはずがない。秋の雰囲気を感じれば、居ても立っても居られないだろう。

 早期から30センチオーバーが狙える、お薦めの釣り場を紹介しよう。まずは日置。昨年は少し遅れたが、毎年食い出しは早く28~35センチの数釣りが期待できる。波が高くて磯に渡れないときでも“川グレ”が狙える。

 次は和深・安指の磯だ。ここも食い始めるのが早く、シーズン初期から35センチまでのサイズが多い人で20~30尾ほどの実績はある。

 田子もお薦め。水深が浅く隣の安指と似たような雰囲気で、やはり35センチまでを主体に数が釣れるだろう。うれしい外道のシマアジが多いのが特徴だ。

 竿は1号クラスの4・7~5メートル。仕掛けは、餌取りやコッパグレが多い場所なので遠投ができるようにしたい。道糸が1・5号でハリス(1・2~1・5号)を4ヒロ取り、ウキ(Mサイズの0か00号)をハリスの中に入れてゼロスルスル仕掛けにしておく。ハリは5号が基本で食いが悪ければ4号、良ければ6号。タナは1ヒロまでにする。

 まき餌に入れるオキアミは、遠投ができるように刻んでおくこと。配合餌も遠投力の高い物がいい。私が好んで使っているのは「イワシパワーグレスペシャル」と「グレパワー遠投」(ともにマルキユー社製)。刺し餌は生オキアミにマルキユーの「くわせオキアミスーパーハードS、M」を使っている。

 以上のことを参考に、早い時期から秋磯でのグレ釣りを満喫してほしい。

 <藤原義雄>(ふじわら・よしお)1950年9月20日、徳島・鳴門市生まれ。71歳。21歳からグレ釣りを始め、数々のトーナメントで活躍。「ゼロスルスル釣法」の考案者。がまかつ、マルキユーなどメーカー数社のインストラクターを長年、務める。グレ闘友会会長。和歌山県白浜町で餌・釣具店「フィッシングベース海クン」を経営し、南紀の磯釣りに精通。プロ野球は大の巨人ファン。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×