高野秀行六段「恐るべし藤井聡太」史上最速&最年少タイトル10期達成の一局に「完全試合」と脱帽

スポーツ報知

王位戦3連覇を達成し、会見に臨む藤井聡太王位(カメラ・瀬戸 花音)

 将棋の藤井聡太王位(20)=竜王、叡王、王将、棋聖=に豊島将之九段(32)が2期連続で挑んでいる第63期王位戦七番勝負第5局の2日目が6日、静岡県牧之原市の「平田寺(へいでんじ)」で指され、後手の藤井が128手で勝利した。4勝1敗で王位を防衛しV3に。史上最年少&史上最速でタイトル獲得10期を達成した。

 * * *

 すばらしい攻防の一局でした。藤井さんとしてはパーフェクト、完全試合に近い。豊島さんはなんとか1―0、2―0で食らいついたが、最後の最後で引き離されてしまった。

 91手目の▲6三銀不成を△6三同玉で取った後、94手目で△1三角と打った手はさすが藤井聡太という作りでした。素晴らしい間合い、独特のリズムがあります。ただ、豊島さんにも悪い手が見つからないんです。ちょっとずつ押されてて、最後まで挽回できなかったなという印象です。

 相手が普通の棋士ならともかく、ノーミスの豊島さんに勝ってしまう、その状態なのに勝っちゃう人がいるのかと。『なんと言ったらいいのかな』という一局です。そしてまだ余力があるように見えました。改めて、恐るべし藤井聡太。(高野秀行六段)

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×