【ヤクルト】村上宗隆、2戦連発の52号 ノムさん&落合博満に並んだ 日本人最多タイまであと3本

スポーツ報知
6回無死、村上宗隆が追加点となる中越えソロ本塁打を放つ(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 阪神―ヤクルト(6日・甲子園)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が、シーズン52号のソロを放った。1点リードの6回先頭、この日の第3打席で青柳から中越えに2試合連続となる一発を甲子園のスタンドにたたき込んだ。

 2日の中日戦(神宮)で、史上最年少で50号の先制3ランを放つと、4日の同戦では同じ背番号55の松井秀喜(巨人)を超える51号2ランをマーク。この日の試合前時点で、6戦5発と好相性の甲子園で2戦連発が飛び出し、日本人歴代2位の1963年の野村克也(南海)、1985年の落合博満(ロッテ)に並んだ。

 村上は「打ったのはストレート。偉大な野村克也さんと本塁打数が並ぶことができて光栄です」と語った。

 これで1964年王貞治(巨人)が持つ日本選手最多記録のシーズン55号まであと3本。日本人初の60号へ、あと8本とした。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×