【巨人】9・9中日戦で尾上松也が始球式「念願が叶った」

スポーツ報知
始球式を行う尾上松也(球団提供)

 巨人は9月9日に東京ドームで開催する中日戦(午後6時)で、歌舞伎俳優の尾上松也が始球式を務めることが決まったことを発表した。

◆尾上 松也 1985年〈昭和60年〉1月30日生まれ。37歳。東京都出身。父は六代目尾上松助。1990年5月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、「勧進帳」の富樫左衛門、「夏祭浪花鑑」の一寸徳兵衛などの大役を任されている。今年4月から、読売新聞が提供する日本テレビの番組『シャカレキ! ~社会歴史研究部~』(関東ローカル、毎週土曜午後8:54~9:00)で主役教師・真実コウヘイを演じる。

<尾上松也コメント>

今回初めて始球式をさせていただくことになりました。最初お話を伺った時には天にも登る心地でした。私にとっては念願が叶ったからです。物心ついた時から大の野球少年で、ずっとジャイアンツのファンであり、原辰徳監督に憧れて少年時代を過ごしました。そんな私が原監督の前で、しかもジャイアンツそしてドラゴンズの皆様の前で始球式が出来るとはこの上ない喜びです。興奮と緊張でボールがどこに飛んで行くか分かりませんが、全力で楽しみたいと思います。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年