樋口新葉×宮原知子さん対談(下)それぞれの“五輪”を語る 宮原さん「自分の気持ちを考えるキッカケに」樋口「どういう気持ちでスケートをしたいか」(完全版)

スポーツ報知
満面の笑みでピースサインを見せた樋口新葉(上)と宮原知子さん

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子さん(24)が、現役選手と本音で語り合う「知子のRink.Linkトーク」は第2回目を迎え、22年北京五輪団体銅メダリストの樋口新葉(21)=明大=が登場。それぞれのスケートに対する思い、またお互いの素顔までを2回に分けて深掘りする。第2弾の「下」では、2人が経験した“五輪”という舞台についてじっくり語り合う。(取材・構成=小林玲花、大谷翔太、取材日2022年8月15日)

「上」はこちらから

※ ※ ※ ※ ※

 ―宮原さんは18年平昌五輪、樋口は22年北京五輪に出場。お互いの五輪での滑りを見て感じたことは?

 宮原さん「見ていて、『ほんとに楽しそうやな』っていうのと、五輪に出られているうれしさっていうのが伝わってきました。やっぱり自分が平昌五輪に出た身として思ったのは、五輪の楽しさとか、出られることのうれしさとかを感じているんだなと思って、こっちもうれしくなりました」

 樋口「私はリアルタイムで平昌五輪を見ていなかったんですけど、その後、結構時間も経って平昌五輪の演技を見れるようになって。そこからは何回か見ました。五輪シーズンは結構メンタル的にも大変だったところがあるんだろうなって思いながら、でも五輪であれだけの演技をして、ほんとに自分が心から楽しんでるっていうのが伝わってくる演技を見てたので、それはすごく自分もうれしかったし、自分も『五輪に出たいな』って思えるきっかけの一つになったので、すごくいいなって思いながら見ていました」

 ―目標にしてきた五輪という舞台に出て得たものは?

 宮原さん「うーん。得たもの・・・。一言で言うのは難しいんですけど、でも、自分のやっている競技に対して、『なんで自分がスケートをずっとやっているか』とか、そういう本当の自分の気持ちを考えるきっかけになったというか。もちろん五輪に出たときは、すごくうれしかったんですけど、そのあとの4年間もすごく五輪があったことで、濃いものになったと思うので。競技をする上での気持ちの持ち方とかを教えてくれたかなって思います」

 ―気持ちの持ち方とは?

 宮原さん「平昌五輪までの自分はただ、やることやるって感覚でやっていた部分もちょっとあったので。平昌五輪のあと、自分のやりたいスケートとかを考えるようになって、難しいシーズンもあったんですけど、いかに本当の自分の気持ちと向き合うかみたいな感じが分かったというか。何となく気付くようになったかなと思います」

 樋口「私もちょっと似たような感じになっちゃうんですけど、平昌五輪までは結構、結果とか形を気にしてスケートをしていたところがあって。『自分がこれを跳んでこの試合で何点出したらいい』みたいな。そういう外側しか考えていなかったと思うんですけど、平昌五輪の選考が終わってから、いろいろ自分でも『どういうふうにスケートをしたらいいかな』とか考えて、本当にその次の北京五輪に行きたいっていうふうに思っていたし、それに向けて何が必要かとか、自分がどういう気持ちで、スケートしたいかとかすごく考えるようになって。本当にこの2年間ぐらいは、『五輪にもし行けなくても後悔しないようなスケートをしたいな』というふうに思ってしてきたので。もしここで行けなくても、すごく悔しかったなとは思うんですけど、すごくやり切ったシーズンにできたし、そういうふうに考えながら練習とか試合とか、ひとつひとつに取り組んで来てたので。そこが本当に、2つの五輪シーズンを通して、考えられたことかなと思います」

 ―樋口は五輪の女子ショートプログラムで、史上5人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)成功者となった。

 宮原さん「何となく降りると予想していたので、降りてくれてうれしかったです。こんな言い方していいのか分からないですけど(笑い)。でも、何となく『降りるやろな~』と思って、応援していました」

 ―樋口の本番への強さを以前から感じてた?

 宮原さん「もちろんどの選手にもアップダウンはあると思うんですけど、新葉ちゃんは、『ここ!』って時にすごいパワーを出すイメージがあるので。五輪も変に緊張せずに、うれしさとか、ワクワクっていうんですかね。そのまま思い切って行ってくれたらなと思っていて、『いけそうやな』って勝手に思っていました」

 樋口「いやでも、そんなことないんだよなあ。めっちゃ大変だった(笑い)」

 宮原さん「いや、分かるけど(笑い)。でも、全日本に向かうときの気持ちとは、やっぱ違うっていうか。自分の場合は、全日本よりも五輪の方がのびのび滑ることができたし、自分でつかみ取った出場権で行った五輪やから。もちろん緊張とかするけど、でもなんか(樋口も)いけると思っていました(笑い)」

 ―めっちゃ大変だった?

 樋口「五輪はすごく楽しみにしている大会だったし、自分がやっと行けた試合だったから、すごくうれしいという気持ちもありました。でも、向こうに着いてから初めての体験が多くて。もちろんコロナっていうのもあったし、でも私はコロナ禍での五輪しか分からないから、それはそれで『うまくできたのかな?』と思っています。練習時間が思っていたよりもすごく短かったり、調整するのが結構大変で。団体戦までの時間の少なさや、団体戦と個人戦までの間の時間とか、本当に調整するのが大変だった中で、自分がトリプルアクセルを決めたことっていうのがすごく自信になったし、本当に最後まで跳べるか跳べないか分からなかったけど、せっかく来たし、一生懸命やってきたことだから挑戦してみようっていうふうに思って、結果的に成功して良かったなと思います」

 ―選手村での生活や他競技の選手との交流も五輪ならでは。リンクの外で印象に残ってることは?

 樋口「他国の選手とバッジ交換したりするのが楽しかったです。あと、違う競技の選手がたくさんいるから、なんか変な感じに聞こえるかもしれないけど、本当に競技によって体の形とかトレーニングの仕方とか違って(笑い)」

 宮原さん「えっ!(笑い)。一緒かも~」

 樋口「なんかそういうところがめっちゃ面白いなって思いました。なになに?なんかめっちゃ知子ちゃん爆笑してる!」

 宮原さん「同じやなって思いました(笑い)。『この選手はなんの競技かな?」って予想しながら、食堂とか選手村とか歩いているときは、常にって言い方おかしいけど、なんかワクワクして見ていました」

 樋口「そうそうそう!(笑い)」

 宮原さん「平昌五輪の時はレクリエーションルームみたいなのがあって。練習30分だけの日も多かったので、体を動かすって意味で、トレーナーさんと卓球したり」

 樋口「え~!いいなぁ」

 宮原さん「ジムもありました。ジムの前の壁がガラス張りみたいで、中が見えるようになっていて、レクリエーションルームに行く時に、ジムの前を通ったら、ステファン(・ランビエル氏)がいたっていう。ジムで運動していて、コーチが運動をしていたので、おもしろかったって話です」

 樋口「北京五輪ではジムとかも多分あったと思うんですけど、(コロナの)感染者も多くて、あまり使わないようにって言われていました。自分たちが泊まっている棟から外にはあんまり出なかったので、食堂で食事も一回もしなくて。そういうのも、経験できていいなあって思います」

 ―北京五輪を終えた樋口は、「またここで滑りたい」と思いを強くした。26年ミラノ・コルティナダンペッツォ大会へと続く、これからの道のりへの決意を語った。

 樋口「4年後も『また出られたらいいな』って思いながら、『今、こういうことがしたい』『こういう表現がしたい』とか、そういうところを考えて。その先に、もしかしたら五輪に出れるっていうことがまたあるかもしれないし、ないかもしれないし、それは分からないですけど、毎シーズン後悔のないようなスケートができたらいいなと思います」

 ―最後は長年、日本女子スケート界をけん引してきた宮原さんから、樋口へエールを送った。

 宮原さん「ただただ『頑張って』とは言えないというか。競技をずっとしていく中で、1シーズン1シーズンが大事で、その時その時の目標があると思うので。新葉ちゃんが言っていたように、やっぱり自分のスケートと向き合いながら、あんまり自分を責めすぎずに、自分のペースで頑張ってほしいなって思います」

 ◆宮原 知子(みやはら・さとこ)1998年3月26日、京都府出身。24歳。関大卒。2011、12年全日本ジュニア優勝。15年世界選手権銀メダル。15、16年GPファイナル2位。16年2月の四大陸選手権で国際主要大会初優勝。全日本選手権は14~17年で4連覇。18年平昌五輪4位。21―22年シーズンを最後に現役引退。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×