樋口新葉×宮原知子さん対談(上)樋口「知子ちゃんは今の自分の目標」宮原さん「新葉ちゃんも頑張っている!と思っていた」(完全版)

スポーツ報知
ポーズを決める樋口新葉(上)と宮原知子さん

 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子さん(24)が、現役選手と本音で語り合う「知子のRink.Linkトーク」は第2回目を迎え、22年北京五輪団体銅メダリストの樋口新葉(21)=明大=が登場。それぞれのスケートに対する思い、またお互いの素顔までを2回に分けて深掘りする。第1弾の「上」では、歴代の好きなプログラム、また2人の思い出話などたっぷり語り合う。(取材・構成=小林玲花、大谷翔太、取材日2022年8月15日)

******************

 ―プライベートでも仲良しな2人。最初のきっかけは?

 宮原さん「一番最初にちゃんとしゃべったというか、仲良くなるきっかけって言っていいのか分からないですけど、多分、アジアントロフィーのときかなって思っています」

 樋口「あーあれ!めっちゃ覚えてる(笑い)。あれはやばかった!もう時効かな?」

 宮原さん「まあ多分(笑い)。わかんないけど」

 ―なんか秘密の話が?

 樋口「秘密っていうより・・・。『プールとか危ないから入っちゃダメ』って言われてたのに、入っている人がいて。先生がめっちゃ怒ってしまったから、知子ちゃんに助けを求めて(笑い)」

 宮原さん「わたしは部屋に1人でいて、ばっちょ(=樋口の愛称)が部屋に来て、『ねえ~!』とか言って、そこから結構しゃべった記憶があります」

 樋口「あれはやばかった。めっちゃ怖かった」

 宮原さん「(笑い)」

 ―競技でも長年、切磋琢磨してきた2人。お互いにとってそれぞれはどんな存在だった?

 樋口「知子ちゃんは、自分でほんとに全部管理して練習していたイメージで。あんまり人と比べたりとかはそんなになくて、自分の目標を持って、自分のやり方で練習していたり、試合をしたりしているイメージがあるので。そういうところが自分の目標にもなっていて、尊敬できるところです」

 宮原さん「私は新葉ちゃんが言った通り、自分1人でやるっていう感じだったので、もう自分に必死すぎて、あんまり試合のときとかは周りを見れていなかった感じはあるんですけど。でも全日本とか、同じ海外の試合に行ったりすると、新葉ちゃんがほんとに自分のペースを守っているのを見て感じていたので、そこはいつも刺激になっていました。これはほんとです。ウソではありません!」

 樋口「え!ほんと?(笑い)。ええ~、そんな感じなのかあ」

 ―スケート人生の中で、相手の言動に支えられたことは?

 宮原さん「言葉っていうより、同じ試合に出るときでも、試合じゃなくても、もちろん他の選手もいるけど、なんか分からないですけど、『新葉ちゃんも頑張っている』って思ってやっていたので。毎回すごい思っていました」

 樋口「聞いてない、聞いてない(照れ笑い)」

 宮原さん「影響を受けていました(笑い)。もしかしたら、平昌五輪のときからすごく色々しゃべったりとかしていたので、そういうのもあって、なんとなく、『新葉ちゃん!』って感じになっていたのかもしれないです」

 樋口「私は自分がノービスの時から、『宮原知子がスケートうまいらしい』っていうのがずっと印象的です。ちっちゃい時からずっと『知子ちゃんはすごい選手』っていうイメージで。やっとシニアに上がって一緒に試合に出るようになって、こんなに仲良くしてもらってすごくうれしい。知子ちゃんは、本当に自分の芯や目標を絶対に崩さないし、それに向けて本当に、到底自分ではできないような努力の仕方をしてるんだなっていうのは試合ですごく感じたりして。本当に絶対に失敗しないというか、それだけの自信を持って滑れるような練習をしてるんだなあっていうのは演技で伝わってきていたので、今の自分の目標にもなっている。知子ちゃんが引退するまでの何年かは、試合や練習で見ていても、もちろん苦しい時もあったのかなって思うけど、それでもすごく自分が楽しめるようにスケートをしているなあって思って。自分もそういうふうにしたいなと思って、今シーズン頑張っています」

 ―近くで見てきたからこそ感じるお互いの好きな歴代のプログラムは?

 樋口「私は知子ちゃんの蝶々夫人が好きで。ポエタもめっちゃ好きだったなと思います。まず蝶々夫人は、結構何回も見ていたし、同じ試合でも滑っていたプログラムでもあったので、試合の映像とかも見たりして。言い方はおかしいかもしれないんですけど、めっちゃ楽しそうに滑っている感じがしていて、いつもの知子ちゃんのスケートとか表現の仕方とかじゃなくて、すごいスケートを楽しんで滑っているように見えて。すごい『いいなあ』って思っていました。ポエタは、強い印象の曲なのに、結構ステップとかも滑りこなしていて、そこがめっちゃ好きでした」

 宮原さん「私はスカイフォールとユアソングが好きです。スカイフォールは、曲自体もすごい好きやし、コレオステップが好きで、すごい引き込まれる感じが、いつも見てて、『ああ、いいな~』って思っていました。ユアソングは、最初の出だしのなんか、ちょっとさりげない感じが好きです。なんか、強いポーズとかは入ってないけど、音と振りがマッチしているっていうか。そういうイメージです」

 樋口「スカイフォールは自分も結構大好きでした。すごく強かったり、動きが俊敏なプログラムっていうのが初めてだったので、結構難しくはあったんですけど、やりがいがあるプログラムだったなって思っていました。ユアソングは、強いポーズとか印象に残るような部分っていうのは少なかったけど、本当に曲と動きを合わせるのがすごく難しくて、それはそれですごい印象的だったなと思います」

 ―リンク外でも仲良しな2人だからこそ知る、相手の素顔は?

 樋口「もう世に出てるかもしれないけど、2人とも結構食べるのが好き。食べに行きたいお店とか、『どっか行きたいね』ってお店を見つけて、そういう会話をめっちゃする。あと、知子ちゃんは引退して髪を染めて、選手時代とは全然違うような体験とか経験をしてると思うので、なんかそういうのを見ていると、すごくうれしくなる(笑い)」

 宮原さん「ありがとうございます(照れ笑い)。やっぱり、食べ物の話しが多いかなって。お互いに会う時間っていうのがないので、『ここ行きたい』『あそこ行きたい』って言ってるけど、まだあんまり実現出来てないのが現実。ちょっとずつ行きたいお店に行けるようにしたいです」

 樋口「全然行けてないね。すごくおいしそうなお店あったとか、今日何食べたとか、たまにそういう話をしたりするので。また時間が空いた時に、会えたらいいなと思います」

9月6日掲載の(下)では、2人が経験した「五輪」について語り合います。こちらからどうぞ

 ◆宮原 知子(みやはら・さとこ)1998年3月26日、京都府出身。24歳。関大卒。2011、12年全日本ジュニア優勝。15年世界選手権銀メダル。15、16年GPファイナル2位。16年2月の四大陸選手権で国際主要大会初優勝。全日本選手権は14~17年で4連覇。18年平昌五輪4位。21―22年シーズンを最後に現役引退。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×