【大学野球】近大が立命大から勝ち点1獲得 坂下翔馬がタイブレークの延長10回にサヨナラ打

スポーツ報知
延長10回タイブレークでサヨナラ勝ちし、大喜びする近大の選手たち

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第1節2回戦 近大3―2立命大=延長10回タイブレーク=(4日・わかさスタジアム京都)

 近大がタイブレークに突入した延長10回に逆転サヨナラ勝ちし、勝ち点1を獲得した。1―2の10回1死二、三塁から代打・白石晃大外野手(2年)の中前打で追いつくと、なおも1死満塁で坂下翔馬遊撃手(3年)が右翼にサヨナラ打を放った。

 延長10回は岡島光星(1年)の失策で勝ち越しを許した。だが、その裏、智弁学園(奈良)の2学年先輩が挽回した。打った瞬間、坂下はバットを放り投げて喜びを爆発させた。「後輩の岡島がエラーをして、あいつの尻を拭いたかった。これまで(ヒットを)1本も打てていなかったので、1本出さないとダメだな、と。必ずヒーローになるんだという思いで打席に入った」と胸を張った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×