【巨人】先発の直江大輔は5回2失点「反省点はありますが粘り強く投げられた」2軍ロッテ戦

スポーツ報知
力投する直江大輔(カメラ・相川 和寛)

◆イースタン・リーグ 巨人―ロッテ(4日・ジャイアンツ球場)

 巨人の直江大輔投手が先発し、5回4安打2失点でマウンドを降りた。

 初回は味方の失策と安打で無死一、二塁のピンチを背負ったが、3番・平沢を二飛、4番・西川を一邪飛、続く菅野は一ゴロに封じ無失点とした。しかし2点リードの3回、2死一、二塁から西川に同点の2点二塁打を許した。それでも続くピンチで菅野を右飛に打ち取ると、4、5回はゼロ封。

直江は「ここをこうすれば良かったのかなとか反省点はありますが、粘り強く投げられたと思います。どんな状況でも乗り越えられる投球ができるようにまた頑張ります」と振り返った。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請