【大学野球】京大医学部の水口創太、育成指名でもプロ行く 指名漏れなら独立リーグ、一般就職も検討

スポーツ報知
京大の水口創太は最速149キロを計測し、2回を無失点に抑えた

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第1節1回戦 同大2―0京大(3日・わかさスタジアム京都)

 京大医学部人間健康科学科に在籍する水口創太(4年)が、日本ハムのスカウトが視察する前で7回から登板。自己最速まで3キロに迫るMAX149キロを2度計測し、2回を1安打無失点3奪三振に抑えた。

 プロ注目の194センチ右腕は「ここに合わしてきた。状態も良かった。イメージ通り、思った通りの球が投げられた。(149キロは)それぐらいは出せたらいいなと思っていた」と納得の今季初マウンドだった。

 改めて育成でもプロ入りする意向を示し、指名漏れした場合については「社会人(野球)はどこに行くか分からないが、独立リーグから声はかけてもらっている。(一般就職)その可能性もあります」と明かした。

 月に4回は病院での実習があり、投球障害をテーマにした卒業論文の準備もある。「結果を残して、いい形で終われるように」と水口。元ソフトバンク投手の近田怜王監督は「身長とリリースの高さが魅力。これから伸びる素材。取っていただけるのであれば、そこを評価していただきたい。結果を残すんじゃないかという期待はある」と、願いを込めて推薦した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×