【楽天】10回満塁のピンチを安楽智大が抑え、裏に銀次がサヨナラ四球

スポーツ報知
10回1死満塁、代打・銀次(赤見内銀次)が、サヨナラ押し出しの四球を選ぶ (カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ 楽天5×―4日本ハム(3日・楽天生命)

 楽天は延長10回、2死満塁で代打・銀次が押し出し四球を選び今季5度目のサヨナラ勝利。

 10回、1死満塁のピンチで代打・松本剛を三ゴロ併殺に仕留めた安楽が6勝目を挙げた。

 安楽は、今季苦しんでいるだけに「調子の良くない中こういう場面で使って頂いて意気に感じました。正直なところ、交流戦後、状態が上がらなくて、ここを抑えないと立場がないぞと思って(毎回)投げている。ここ一番大事だろと、思って、強気で攻めるしかない、腕振っていこうと思って投げた」と振り返った。

 石井監督は「悔しい思いをしているのは安楽。そこを力に変えてくれる気持ちの強さを持っている。白星がご褒美だと思う」とたたえていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×