【巨人】2軍はロッテに完封負け 先発の堀田賢慎は5回0封5K

スポーツ報知
1回無死、山本大斗を空振り三振に仕留めた堀田賢慎。5回3安打無失点と好投した(カメラ・相川 和寛)

◆イースタン・リーグ 巨人―ロッテ(3日・ひたちなか)

 巨人2軍はロッテを相手に0―7で敗れた。

 先発の堀田賢慎は初回を3者連続三振に打ち取る圧巻の立ち上がり。それでも2回。1死から菅野に三塁打を浴び、連続四球で満塁。だが続く植田を遊ゴロ併殺とした。3、4回も得点圏に走者を背負ったが、要所を締めて無失点。5回3安打無失点、5奪三振でマウンドを降りた。

 打線は初回、2回と相手先発・鈴木の前に3者凡退。3回は公式戦初スタメンの亀田がチーム初安打となる中前打を放ったが、続く秋広が初球を打って二ゴロ併殺とつながらず。4回は1死一、二塁と初めて得点圏に走者を置いたが、岸田、ウレーニャが打ち取られ無得点に終わった。

 7回は先頭の岸田が中越え三塁打を放ち先制のチャンスを作ったものの、ウレーニャが遊ゴロ、香月が捕邪飛、亀田も遊ゴロに打ち取られ絶好のチャンスを逃した。

 6回は桜井、7回は大江、与那原とつないで無失点。それでも7回。続投した与那原が味方の失策もあり無死満塁のピンチを背負うと、1死から平沢に遊撃強襲の2点適時打で先制点を献上。さらに1点を失い戸根にスイッチしたが、勢いを止められずこの回6点を失った。

 9回も6番手・木下が1失点。打線は8、9回とロッテリリーフ陣の前に無得点に終わり、完封負けを喫した。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請