【巨人】堀田賢慎は5回3安打無失点5K「思い通りの球を投げることができはじめている」2軍ロッテ戦

スポーツ報知
力投する堀田賢慎(カメラ・相川 和寛)

 ◆イースタン・リーグ 巨人―ロッテ(3日・ひたちなか)

 巨人の堀田賢慎投手が先発し、5回3安打無失点、5奪三振2四球で降板した。

 初回に3者連続三振と圧巻の立ち上がりを見せたが、続く2回。1死から菅野に三塁打を許すと、連続四球で満塁のピンチを背負った。しかし植田を遊ゴロ併殺に打ち取り無失点でしのいだ。

 3回も2死から池田に左中間二塁打を浴びたが、平沢を空振り三振。4回は先頭の西川に二塁打を打たれるも、1死三塁から岸田がけん制で刺すなどバックにも助けられながらゼロ行進を続けた。5回は3者凡退に打ち取り、2番手・桜井にバトンタッチ。

 堀田は「前回の登板から自分の中で思い通りの球を投げることができはじめているなと感じます。ただ、まだ決め球やカウントをとる球の精度が甘く、痛打されることがあるので、もっと球のキレや質を磨いていきたいと思います」と振り返った。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請