不倫役褒められるも「男っぽい方が好き」不思議な色気あふれる演技で人々を魅了…古谷さん評伝 

スポーツ報知
古谷一行さん

 俳優の古谷一行(ふるや・いっこう、本名=かずゆき)さんが8月23日に死去したことが分かった。78歳だった。所属事務所が2日、発表した。TBS系「金田一耕助シリーズ」などのテレビド78歳ラマを中心に、映画、舞台でも活躍した。関係者によると、亡くなる前日に体調不良を訴え、大事を取って入院したが、翌日に息を引き取ったという。葬儀は既に近親者で執り行われ、後日「お別れの会」を予定している。

 法科の名門・中央大法学部在学中に「大学が退屈になって」演劇の道へ進んだ古谷さん。年を重ねてもなお男くささを醸しだし、ぶっきらぼうだが不思議な色気があふれる演技で人々を魅了した。

 ぼさぼさの髪形にみすぼらしい服装と、決して格好良いとは言えない金田一耕助や、「オレゴンから愛」の無口だが深い愛情をたたえた農場経営者を好演する一方、「金曜日の妻たちへ」「失楽園」などの不倫ドラマで名をはせた。

 「金妻」ブームから数年たった86年の本紙インタビューでは「プロデューサーから『不倫すらも温かく受け止められる得な部分を持っている』と言われましたよ。女性に対する誠実さや優しさが強く出ているって」と照れくさそうに明かしつつ、「僕自身は金田一やオレゴンのような男っぽい役の方が好き」と語っていた。

 また「うちのは小学2年の男の子だけど、これは文句なくかわいいですね」と溺愛していた長男の降谷建志は後に「Dragon Ash」で若者のカリスマとなり、自身がプロデュースした映画では親子共演も果たした。隠しきれない誠実さが漂う名優だった。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×