降谷建志「親父バチくそ格好良かったよ」 古谷一行さん長男がインスタでコメント

スポーツ報知
呼びかけに応じなかった降谷健志

 俳優の古谷一行(ふるや・いっこう、本名=かずゆき)さんが8月23日に死去したことが分かった。78歳だった。所属事務所が2日、発表した。

 * * * *

 古谷一行さんの長男で、Dragon Ashの降谷建志(43)は2日、自宅前に姿を見せたが、報道陣の問いかけに応じなかった。自宅に入る直前、30年来の付き合いという隣人から「お父さん、亡くなったんだって?」と聞かれた降谷は「最近は抗がん剤もやめていてさ。死因はがんではなくて別なんだけど…。いきなりの報告でごめんね」と話した。

 その後、降谷はインスタグラムを更新。父と一緒に撮影した和装の写真と共に、「親父(おやじ)お疲れ様 最後まで本当に勇敢に闘い抜いたね バチくそ格好良かったよ 俺にはまだやりたい事も観たい景色も山程ある。だからそっち行くのはちょと先になると思うんよな 役者仲間達と楽しくやって待っててよ 親父の息子にしてくれてありがとう 生まれ変わってもイカした俳優とイカしたバンドマンの親子になろぜ 愛してるよ じゃね」とメッセージを寄せた。

 降谷は体調不良を理由に8月26日に出演予定だった野外音楽フェス「SWEET LOVE SHOWER 2022」への出演辞退を発表。同日のインスタグラムで「くっっそごめんんん!!! まずはシャキッと復活出来る様に最善を尽くします」、同31日の投稿では「体調はもうほぼ大丈夫!」と報告していた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×