NHK大河「鎌倉殿の13人」次のダークヒーローは誰か!?善児自身も善児ロス…第34回みどころ

スポーツ報知
鎌倉御所・廊下にて。執権・北条時政(坂東彌十郎)が武蔵国を奪おうとしているのでは、と北条義時(小栗旬)に報告する畠山重忠(中川大志)

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第34回「理想の結婚」(4日放送)で、初代執権の北条時政(坂東彌十郎)と有力御家人・畠山重忠(中川大志)との仲にすきま風が吹き始める。

 孫の源実朝(柿澤勇人)が第3代鎌倉殿になり、今や一番の権力者になった時政は、重忠が拠点とする武蔵国に関心を見せ始める。元々は伊豆の豪族だったものの、武蔵で勢力を誇ったライバル・比企能員(佐藤二朗)の亡き今、欲望はとどまることを知らない。朝廷とも接触し、実朝と後鳥羽上皇(尾上松也)のいとことの婚姻も決まった。今作では、坂東がお調子者の時政を好演。権力を持った男の変貌ぶりが楽しみだ。

 一方で上皇は源仲章(生田斗真)、僧の慈円(山寺宏一)とともに鎌倉サイドの増長を懸念。武家政権VS朝廷の構図も浮かび上がってくる。

 前週の第33回「修善寺」では第2代鎌倉殿・源頼家(金子大地)の最期が描かれた。病気で伏せている間に家族や後見人が殺され、自身も伊豆に追放された。親でもある北条一家を恨みながらの退場だった。史料によっては無残な殺され方をされたともあるが、今作では暗殺のスペシャリスト・善児(梶原善)と斬り合うなど見せ場もあった。

 そしてその戦闘の末、善児も亡くなった。つばぜり合いで優勢だった時に、頼家の書いた息子の名「一幡」の文字が目に。自らもかわいがっていた一幡の名前を見て動揺し不覚を取った。頼家に斬られそうなところを弟子・トウ(山本千尋)が救ったが、トウはその後、善児にも刃を向けて3度刺した。目を見開いて「ずっと、この時を待っていた」「父のかたき!」。トウは、善児が殺してしまった農民夫婦の遺児で、そのまま善児が育てていた。やはり親を殺された恨みは忘れていなかったのだ。

 歴史上、死因のはっきりしないキャストを“消す”役目として多くを殺してきた善児。オープニングロールに名前があるだけでSNSがざわつくまでの存在に。そんな善児の脱落にSNSでは「やばいよ、善児ロスがおさまる気配がしない」「衝撃的でした。今度は善児ロスです」と寂しがる声が相次いだ。

 先日、梶原をインタビューして印象に残ったのは、演じている自身も気が重かったという点だ。現場でも口数が少なくなっていたという。「ギャング映画でも、撃った斬ったを見るのはいいんですけど…」と心境を語っていた。その一方で興味深かったのは「もうちょっと暗躍したかった。(死亡でなく)気絶で済ませてくれないかな」という言葉。演じていて自らも「善児ロス」になっていたのだ。ただ、今後“始末屋”はトウが担っていくのかもしれない。

 第33回の平均世帯視聴率は10・2%で前週よりややダウン。それでも日本テレビの24時間テレビやライバルのテレビ朝日系「ポツンと一軒家」が8・4%と数字を落とす中、安定した人気を見せつけた。宿老たちに続いて暗殺者も退場してしまった。次のダークヒーローの登場を期待したい。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×