【中日】上田洸太朗、雨による2度の中断に翻弄 6回4失点で降板し“6度目の正直”でも初勝利ならず

スポーツ報知
中日先発の上田洸太朗(カメラ・頓所美代子)

◆JERAセ・リーグ DeNA―中日(1日・横浜)

 中日・上田洸太朗投手が6回4失点で降板した。試合直後から降り始めた雨の影響で、序盤に試合が2度にわたって中断。計60分(1度目が5分、2度目が55分)も待たされるなど、悪天候に振り回された。

 2度目の再開となった2回1死一塁では、ソト、大和を連続三振と圧巻のピッチングを披露したが、その後3回は桑原に2ラン、4回は伊藤に右中間を破られる適時二塁打で3点目を失った。

 それでも、ひょうひょうとしながらプロ入り最多106球を投げ抜いた。悪天候に加え、またしても打線が高卒2年目左腕を援護できず、プロ初先発から“6度目の正直”でも、待望の初勝利をつかむことはできなかった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×