【巨人】2軍は日本ハムに惜敗 平間隼人が9回2死からタイムリーを放ち完封負けを阻止

スポーツ報知
平間隼人

◆イースタン・リーグ 日本ハム2―1巨人(1日・鎌ケ谷)

 巨人2軍は日本ハムに1―2で惜敗。同一カード3連勝を逃した。

 先発の横川は4回まで2安打無失点の好投を見せていたが、両軍無得点の5回1死二、三塁から痛恨の暴投。二塁走者・五十幡の生還まで許し2点を先取された。さらに石川、片岡に連続四球を与えたところで降板。2番手・桜井はこのピンチを無失点で切り抜けた。

 打線は初回。2死から石川が二塁打でチャンスメイクするも、続く香月が二ゴロ。2回も2死から平間が内野安打で出塁後、二盗を決めて一打先制の好機を演出したが、八百板が左飛。好機であと一本が出ず、5回までゼロ行進が続いた。

 6回からは山口、代木、井納がそれぞれ1回無失点でつなぎ打線の援護を待った。すると2点ビハインドの9回。先頭の石川がヒットを放つと、1死から岸田が四球を選び一、二塁。2死から平間がセンターへの適時打を放ち1点差に迫るも、最後は八百板が空振り三振に倒れた。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請