埼玉東選抜は初戦で茨城選抜にコールド勝ち! 予選敗退も元気で個性豊かな選手が躍動 東日本報知オールスター戦予選リーグ中学生の部

スポーツ報知
栃木戦で金輪監督〈背番号60〉の話に笑顔を見せる埼玉東ナイン

◆東日本報知オールスター戦予選リーグ◇中学生の部Aブロック▽埼玉東選抜7―0茨城選抜=5回コールド=▽栃木選抜8―0埼玉東選抜=5回コールド=(8月27日、茨城・ひたちなか市民球場)

 東日本ブロック(北海道を除く)の支部選抜対抗戦の予選リーグが行われ、中学生の部Aブロックで埼玉東選抜は初戦で茨城に快勝。前年覇者・栃木選抜には完敗したが、個性豊かな選手たちが躍動した。

 声の大きな元気者ばかりで茨城選抜戦はコールド勝ち。投打に力を発揮したのは身長178センチの先発左腕・蛭川。「練習から走っていた」という直球にキレのあるスライダーを織りまぜ初回を無失点に抑えると、その裏、右越え二塁打を放って1死二、三塁。そこから佐藤の四球、増田の2点二塁打、高山の左前2点打とつながった。蛭川は2回も左中間へ適時二塁打を放つなど3打数3安打、投げては4回途中まで3安打無失点の活躍。「高校野球へ向けてもっとスタミナをつけ、まっすぐの球速を上げたい」とさらなる進化を誓った。

 4回2死一、二塁で蛭川を救援した右腕・吉川は伸びのある直球と落差の大きい変化球で三振を奪いピンチを切り抜けると、5回は3者凡退。直球は131キロをマークした。5点リードの5回はムードメーカー・勝海が好走。代打・大坪の適時打で1点を加え、なお1死一、三塁。三塁走者の勝海は山越の捕前バントの一塁送球間にホームに滑り込み、コールドを決めた。

 栃木選抜には完敗したが、初めて選抜チームを率いた金輪圭祐監督(39、三郷)は「声がよく出て楽しくやってくれたので十分です。自分もいい経験になりました」と選手をねぎらった。

◇埼玉東選抜 佐々木章汰 勝海偉斗(三郷)大坪廉央 伴太一(浦和)佐藤惇人 前島悠里(大宮七里)芹沢翔二郎 野口泰幹(浦和中央)蛭川敬介 山越遼馬(深谷中央)福島颯太 丸橋心(本庄)橋本隼佑(埼玉杉戸)高山雅人(鴻巣)押味駿太(春日部)堀川颯月(久喜)増田光太朗(越谷)山下元輝(草加)山本陽生(八潮)吉川翔馬(吉川美南) ※主将は佐々木、全員中3

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×