【楽天】藤平尚真投手がシーズン最終盤へ向け必勝宣言…1日・オリックス戦で今季2勝目狙う

スポーツ報知
ヒーローインタビューを終えてポーズを決める藤平尚真(左)と宮森智志

 楽天・藤平尚真投手(23)が31日、シーズン最終盤に臨む決意を語った。今季2勝目が懸かる1日のオリックス戦(楽天生命)に向けて本拠地で最終調整した右腕は「1軍にいる選手は優勝に向かってチームに力を貸さないといけない。西武、ソフトバンク、オリックスとは僅差で争っているので、そこに1勝するのは価値のあること。チームのために投げることが原動力になっている」と力を込めた。

 自信に満ちた表情の裏側には精神面で吹っ切れたことがあるだろう。8月21日のロッテ戦(楽天生命)で1434日ぶりの勝利と本拠地初勝利をつかんだことで勢いに乗っていきそうな予感が漂う。「呪縛が解けたというか、自分の中で勝ててないというのが心の中で引っかかっていたものもあった。気持ちはちょっと楽になりました。次の登板は前の登板以上に大事になるので、自分のパフォーマンスを出せたら」と連続快投を誓った。

 1年目に登板し「祭りのような舞台だった」と表現するCS、そしてその先にあるリーグ制覇も当然諦めてはいない。「どこで降ろされたとしても、その後にチームが勝てば満足です」。近年はなかった優勝争いの中で投げられる充実感を胸にマウンドに上がる。

(長井 毅)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×