【阪神】大山悠輔が決めた!0―0の8回にV23号ソロ 1か月ぶり甲子園で白星再発進 虎党大盛り上がり

スポーツ報知
8回2死、先制のソロ本塁打を放ち祝福される大山悠輔(3)(カメラ・谷口 健二)

◆JERAセ・リーグ 阪神1―0広島(30日・甲子園)

 阪神は0―0の8回に大山の23号ソロが飛び出し、1か月ぶりの甲子園で完封勝ちを決めた。

 8回2死、3ボールから3番手・ターリーの真ん中低め155キロを左翼席へ放り込んだ。打線は6回無死二塁から4番・佐藤輝、5番・大山が連続で空振り三振。2死一、二塁で代打・マルテもバットが空を切り打者3人が三振に倒れた。3度の得点圏をものにできず、広島先発・森下を前に6回無得点。土壇場で右の大砲がアーチをかけ、連敗を阻止した。

 先発・青柳は“雨柳さん”の力を発揮し、雨が振り続けるマウンドで7回4安打無失点と好投。13勝目とはならなかったが、エースとして試合を作った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×