【記者の目】名古屋がコロナでJリーグに誤報告問題…当事者は金額以上に重く受け止めるべき

名古屋のホーム・豊田スタジアム
名古屋のホーム・豊田スタジアム

 Jリーグは30日、J1名古屋がチーム内の新型コロナウイルス感染に関してリーグに事実でない報告をし、7月16日の川崎戦(豊田ス)が中止となった件で、罰金200万円とけん責処分を科したと発表した。複数の陽性者が出た名古屋は管轄の保健所から活動を停止するよう指導を受けたと誤認し、開催可否を判断するリーグ側に伝えた。

 * * *

 Jリーグは、試合開催可否の報告過程を軽んじたとして、名古屋を処分した。保健所から活動停止の指示がなかったにもかかわらず、取り違えてJリーグに報告していた。結果的に、名古屋は複数の陽性者によりリーグ戦実施要項が定めるエントリー下限人数(トップチーム、二種登録、特別指定選手を合わせ、GK1人を含む13人以上)がそろわず、延期決定への影響は少なかったことから、この罰金200万円とけん責処分に着地したという。ただ、当事者は金額以上に重く受け止めるべきだ。

 コロナ下で3シーズン目。サッカーくじ「toto」を始め、放映権、相手チーム、来場するサポーターと多方面に影響を及ぼす報告が、ずさんに行われている現実が明らかになった。今後、Jリーグは佳境を迎え、タイトル、残留をかけたし烈な戦いが繰り広げられる。開催可否の決定が「勝負のあや」として関与してくる中、Jクラブは自覚、Jリーグはより慎重な判断が求められる。(サッカー担当キャップ・内田 知宏)

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×